エポキシ樹脂2液混合

UVレジン

 エポキシ樹脂のレジンには大きく分けて、主剤と硬化剤を混ぜて硬化させる2液混合のレジンと、紫外線(UV)を当てて硬化させるUVレジンがあります。どちらも一長一短ありますので、使い分ける事で色んな物が作れます。ここではUVレジンの使い方について紹介します。
 UVレジンの特徴は、何と言ってもUV(紫外線)を当てる事でレジンが硬化する事です。また、UVを当てるまではレジンが硬化しないのでゆっくり作業ができます。レジンアクセサリーを作る時はゆっくり作業をし、固める時はUVを当ててすぐに完成させると言った具合に、とても便利に使えます。レジンにUVを当て固めるには、専用のUV照明器具を使うか、あるいは屋外や窓際に置いておき太陽のUVを当てます。
 UVが当たらないと固まらないので、分厚いものには適していません。どちらかというと、厚みの薄いアクセサリーなどに適しています。また、接着や強化等に用いる事も出来ます。


UVレジンとUV照射ライト
UVレジンの種類として
・ソフトタイプ  ・ハードタイプ があります。
読んで字のごとしソフトタイプのUVレジンは、固まっても少し弾力があります。ハードタイプのUVレジンは固まると透明度が高く”つるっ”としています。どちらを使っても良いと思います。好みの問題でしょうか。自分は、ハードタイプの方が好きでよく使っています(ソフトタイプの表面の弾力がべたついている様に感じてしまい苦手)。ただ、一般的に、ソフトタイプの方が柔らかいので、肌に触れる物や、布等に塗って切ったり曲げたり加工する物は、ソフトタイプのUVレジンを使う方が良いようです。
 UVレジンの難点としては、ちょっと高いと言う事でしょうか。初めて使うのが不安な方は、ダイソウに100円で5gのUVレジンが売っているので、試しで使ってみてはどうでしょうか?
UVレジン 100円
 ソフトタイプかな?

注意:レジンは石油系の為、火気厳禁です。また十分な換気を行って下さい。作業の前に、必ず製品の取り扱い説明書を読みましょう。大概は皮膚に触れない様に注意するよう書かれています。

エポキシ樹脂2液混合 使い方

レジン工作に必要な道具

  • UVレジン液
  • ピンセット か 楊枝 

 
がまず基本です。あと、「UV照射の照明」があると便利です。太陽光のUVで固める時は、屋外に置くなら、風や誇りの影響を避ける為に、「透明な容器」が必要になります。あとは、作るものによって必要な物が違っきます。マスキングテープや和紙等にUVレジンをしみ込ませる時には、筆が必要になりますし、台座がない場合は、下に引くクッキングシート(シリコンシート)が必要になります。なので、上記の2点以外は、作るものによって変わってきます。思いつくだけあげてみると、

  • 筆、クッキングシート、マスキングテープ、養生用テープ、はさみ(カットできます)、やすり(バリ取り)でしょうか。

1、UVレジンを使う前の下準備

  • 台座のあるチャームを作るなら、台座にパーツを並べたり。和紙にしみ込ませるなら、和紙を重ねて模様を作ったり、モールドに流し込むなら、下地の素材を容易したりする事が必要です。
  • シリコンモールドや台座がない時は、クッキングシートやシリコンシートを下に敷きます。

 
 

レジンアクセサリー作成中
レジンチャーム

 

2、UVレジンを盛る、あるいは塗る

  • 台座やモールドにUVレジンを流し込みます。ゆっくり空気の入らない様に入れましょう。適度な粘度があり、上手にやると表面張力の力で、ぷっくり膨らんだような形にできます。泡が入ったら、ピンセットや楊枝で根気よく取り除きます。このとき楊枝は湿気ていないか注意して下さい。レジンは水分が苦手です。UVを当てるまでUVレジンは固まらないので、ゆっくり焦らず作業しましょう。
  • マスキングテープや和紙等にUVレジンを塗る場合は筆で塗ります。

 

UVレジン
写真で使っているのは100均のUVレジンです。
 

3、UVを当てる

  • UVレジンもメーカーによって多少違うと思いますので、UV照射時間等は説明書を良く読んで下さい。また、対象物の厚みによっても時間が変わってきます。分厚い物は、UVレジンを盛るのと固めるのを、数回に分けて行うのが良いでしょう。(厚みによりますが、ボタン程度のもので、大体UV照明なら7、8分、太陽光で30分ぐらいです。あくまで目安です)※光(UV)を直視しない様にしましょう。また、UVレジン独特のちょっと甘い匂いもします。換気をしましょう。
 
UV照射
写真はUV照明を使っています。
対象物が薄く、ライトまでの間がかなり離れていたので、
ブロックで底上げしてUVライトを当てています。
 
レジンアクセサリー自作
こちらは外で天日干ししました。この上にカバーをかけて1時間程放置。
 

4、固まるのを待ちます。

 
  • 2液混合のエポキシ樹脂と違って、固まりが早いですが、うまくUVが当たってないと固まってない時もあります。


ハードタイプUVレジン
ハードタイプのUV-LED対応レジン液
硬化後も納得の透明感 & 着色剤もキレイに混ざる!


ソフトタイプUVレジン
硬化が早いのでちょっと注意。


日本正規品6か月保証


あると便利な
UV照射ライト


レジンアクセサリー工作

スポンサードサイト

 

Pick Up